PS系情報中継局

主にプレイステーション(PS4/PS3/VITA中心)のゲーム情報・レビューを中心に扱うブログ おもしろいゲームを買うための情報を収集中




タグ:戦場のヴァルキュリア3

今週は、たくさんソフトが発売されますね。
DDが興味があるのは、まずはドラゴンエイジオリジンズです。
ドラゴンエイジオリジンズは、エルフやドワーフ、闇の軍勢といったおなじみのモチーフを活かした王道ダークファンタジーRPGです。
戦闘はシームレスかつリアルタイムに行なわれますが、アクションRPGではないようです。
ストーリーは分岐がたくさんあるそうです。
日本語版は海外で発売済のDLC6本が収録されている上、3月には拡張パックの発売も予定されています。
週刊ファミ通.com特集記事
公式サイト
ゲームシーンの動画がYouTubeにはあるんですが、英語版なのでいまいちわからないんですよね。
公式で配信してくれないのでしょうか。



次はスライ・クーパーコレクションです。
公式サイト
スライ・クーパーコレクションはPS2で発売されたスライ・クーパーシリーズ3作がBD1枚に収まった上、HD+3D立体視対応化されたゲームです。
スライクーパーは、スライ・クーパーというアライグマ(擬人化)の義賊を操って悪党を退治したり、悪党から盗みをはたらいたりするACTゲームです。
スライクーパー1は、定められたステージを進むタイプのACTゲームですが、2・3は、箱庭タイプのステージ内をミッションを遂行することで進めるゲームです。
このスライクーパーコレクションにはMove専用のミニゲームも入っていると言うことです。
さらには、PS3でスライ・クーパー4が発売が予定されているということなので、興味がある方は購入してみてください。


PS3は以上ですね。
続いてPSPです。
まずは、戦場のヴァルキュリア3です。
公式サイト
戦場のヴァルキュリア3は、1と同じ時代設定で、ネームレスという懲罰部隊を中心にストーリーが展開していきます。
ジャンルはシミュレーションRPGですが、独特のBLiTZというシステムを採用しています。
これはアクションゲームみたいに自軍のキャラクターを動かし、その間は敵軍の迎撃などをうけます。攻撃するために銃を構えるとそこで時間がストップするので、うまく照準を定めて射撃するという感じです。
自軍のキャラはCPが有る限り何回でも動かせますので、同じキャラを何回も動かすのもありですし、すべてのキャラを動かすのもありです。
敵の迎撃をかいくぐってどこまで接近するのか、誰を動かすのか、どういう順番で動かすのかなどいろいろ考える点があるのでシミュレーションとしては面白いですね。

公式サイトはムービーが充実しているので、購入を検討している方は公式サイトをご覧ください。


続いて喧嘩番長5 漢の法則ですね。
「勢力同士の抗争により一触即発の緊張状態にある阿弥浜沿線に転校してきた主人公・成瀬直人。本作では、群雄割拠のエリア制覇の波に身を投じていく主人公の闘いを通し、男同士の絆を描く。」とのことです。
メンチビームとか馬鹿ぽいところが興味をそそられます。
ジャンルはアクションゲームです。
公式サイト
今週の週トロでも扱われているので、ぜひご覧ください。
週トロを見ると、アッキーナのサイン(データですが・・・)がもらえます。ファンの人も見てみるといいかも?



最後に逆の意味でものすごく興味があるのがPS3のマインドジャックです。
攻殻機動隊の世界観をオマージュした近未来物のTPSだそうです。
公式サイト

ゲームプレイ動画を見ると大丈夫か?というできなんですよね。
公式に配信されているPVを見てもほとんどゲームプレイ画面がありません。TPSなのにゲームシーンがないPVを見るのは久しぶりです。
そんなに見せられないものなのでしょうか?
YouTubeで探してみると、評価しづらいできですね。


何となく洋ゲーをまねしてつくってみましたという感じがしてしょうがありません。
ベンチのところに弾丸がなぜか落ちていたり、敵の崩れ落ち方が不自然だったり、もっさりしてたり。見てて滑稽というのでしょうか?、シリアスなゲームなのでしょうが、ぐだぐだっぷりが逆にシュールで面白く感じます。

フロントミッションエボルブは、ゲームプレイ動画を見た限りでこれはだめだと思いましたが、10万本近く売れてしまいました。
マインドジャックはどの程度売れるのでしょうか。ここに興味があります。
スクエニ製ということでどの程度スクエニ補正が効くのでしょうか。

ちなみに、DDはゲームプレイを見る限りではフロントミッションエボルブよりは面白そうだと思いますよ、マインドジャックは。あくまで相対評価ですけどね。

人気ブログランキングへ 

戦場のヴァルキュリア3公式サイトが大幅更新されました。
今日のがっかり感二つ目です。
なんでPSPかな~。
まあ、PS3に戻ってきても2の学園もの路線とかわけのわからん方向に行ってしまったヴァルキュリアにはもう興味がないのですが。
売上はどうなるんだろう。
前回は、買ってくれればPS3に戻ってくるかもとか言ってましたが今回は買い支える人は減りそうだしなぁ。

DDですか?
PSPをもってたとしても買わないです。
設定に無理が感じられるのでストーリーでしらけてしまうんですよ。
別にヴァルキュリア人とかそういう問題ではないです。SF要素は別にいいんです。

戦ヴァル3は来年の1月27日発売予定です。
【Amazon】戦場のヴァルキュリア3 特典 ガリアシークレットドキュメント FILE 422付き
----------------------------------------------------------------
アサシンクリードブラザーフッドの公式サイトでマルチプレイのアドバイスが追加されました。
マルチプレイおもしろそうなんですが、アサクリブラザーフッドのマルチプレイはボイチャ前提なつくりですので、DDはあきらめています。
アサシンクリードブラザーフッドはおもしろいのでお勧めです。
特に、100%とかにこだわらない人にお勧めです。
【Amazon】アサシン クリード ブラザーフッド【CEROレーティング「Z」】
----------------------------------------------------------------
Doragon Agr:Originsの公式サイトが見やすくなっていますね。
DDのPCのIEをいじったわけではないので、サイトのほうでなんかしたのかな?
これで情報収集しやすくなりました。
毎回DAOのためだけに全画面表示にするのが面倒で・・・。
DAOは来年1月27日発売予定です。
【Amazon】Dragon Age:Origins 特典 『DragonAge:Origins』旅立ちの書付き
----------------------------------------------------------------
テイルズオブグレイセスエフにDLCが追加されました。
詳しくは、公式サイトをどうぞ。
他に、動画も追加されていますね。スペシャルかな?
馬場プロデューサーのインタビューです。たいしたインタビューではないですが・・・。
----------------------------------------------------------------
トリニティジルオールゼロにもDLCが配信されました。
詳しくは公式サイトで。
手抜き?いえいえ、合理的なまでです( ´_ゝ`)
このゲームはのんびり遊ぶと大変おもしろいですが、おもしろいと思って一生懸命やると飽きてしまいます(DDの体験談)ので、ペース配分に注意です。
【Amazon】トリニティ ジルオール ゼロ(通常版)
【Amazon】トリニティ ジルオール ゼロ(プレミアムBOX:ビジュアルブック、 オリジナルサウンドトラックCD、キャラクターポストカードセット同梱) 特典 オリジナルコスチューム ダウンロード用プロダクトコード付き
通常版が40%オフです。お得です。
----------------------------------------------------------------
ニードフォースピードホットパースートがファミ通クロスレビューでプラチナ殿堂入りだそうです。
詳しくは公式サイトで!

GT5がなければなぁ。時期がもったいないなぁ。
【Amazon】ニード・フォー・スピード ホット・パースート
と書いて、リンクを貼り付けてAmazonの評価をみたらあまりおもしろくない?
可もなく不可もなくの評価平均点になってます。
----------------------------------------------------------------
ガンダム無双3の公式サイトが更新され、ストーリーモードの説明が追加されています。
原作に忠実なミッションなどもありますということです。
情報遅いのでは?
【Amazon】ガンダム無双3
アマさんでは再入荷が20日となっているので相当売れたようですね。
----------------------------------------------------------------
モンハンポータブル3のDLC情報の一覧公式サイトにできました。
【Amazon】モンスターハンターポータブル 3rd
----------------------------------------------------------------
ふう、今日は小ネタがたくさんです。
随時更新予定?

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ