PS系情報中継局

主にプレイステーション(PS4/PS3/VITA中心)のゲーム情報・レビューを中心に扱うブログ おもしろいゲームを買うための情報を収集中




タグ:勝利

よくぞ勝ってくれました(ノ◇≦。) ビェーン!!
今日もはらはらする展開に・・・。まあ実力的には韓国の方が上だと思っていたので、今日の展開はしょうがないとしても、次こそは、次こそは快勝して欲しいですね。

まずは、川島選手のナイスセーブに拍手です。川口選手ほどの安定感が感じられずにいまいち信頼感がなかったのですが、今日のできはすごかったです。
あとは、DFとのコンビネーションをよくして欲しいですね。DFとお見合いして危険なシーンも今日もありましたし、前のアジアカップの試合でもありましたし。

今日の試合をみて思ったのは、DFがセーフティファーストじゃないところが心配です。長友がイエローカードをもらった時もさっさとあきらめて外にボールを出しておけばよかったのにと思ってしまいます。岩政と川島の激突したシーンももっと安心させるプレーをしてもらいたいですね。
遠藤はMFですが、クリアする時に真ん中に蹴り込んで敵に渡してしまったりしていました。
未来のあるかわからない危機より今直面しそうな危機の芽を摘んで欲しいです。

攻撃面は前半はよかったのですが、韓国が布陣をかえてくるとすっかり影をひそめてしまいました。日本との差を感じましたね。
指導者層の質が全然違う。日本人の監督で何人布陣変更や選手交代で流れを変えられる監督がいるでしょうか。

ザッケローニ監督も今日の采配は疑問です。伊野波を投入した時は、伊野波またはウッチーをアタッカーまたはサイドハーフの位置にするのかと思いましたが、なんと3-5-2もしくは5-3-2の布陣を敷いてくるとは。
攻撃しなければ勝てないと焦っている連中にわざわざ攻撃しやすいような手を打ってやる必要はないと思うのです。
焦っている連中にはより焦ってもらう手を、すなわち、こちらの攻撃の手を弛めない手を打つべきではないでしょうか。
今日の交代でザッケローニ監督に対するDDの評価は下がってしまいました。
指導者としては良さそうですが、勝負師としては弱いような感じがします。
まあ、トーナメントとなると勝ち逃げしたくなるのもわかりますが・・・。

最後に本田選手のインタビューは面白かった。どう考えてもPKはミスって正面に行ってしまったのに狙いですというとは。さすが、大物は違いますね(´▽`)
苦笑いしていたのも面白かった。


次はおそらくオーストラリア戦でしょうが、今日の試合でロングボールを放り込まれた時の対処をどうするかという課題が浮上したのはよかったです。
ドイツのWCでも、南アフリカWC予選の時もしてやられたので、今度は、お返ししてやりましょう。
がんばれ日本代表!

優勝すればコンフェデ杯にでられるのです。これほど日本代表の成長にいい大会はありません。ぜひ優勝してください。
【ファミマ.com】サッカー日本代表レプリカジャージ icon

人気ブログランキングへ

昨日の試合はひやひやでしたが、見応えがありました。
特に第1戦のヨルダン戦からちゃんと修正してサイド攻撃をうまく使っていたところが!

ジーコ、岡田前監督と続いて、全く進歩がみられない状況が続きましたが、監督が代わると数日で変化をもたらすことができるんですね。
岡田前監督の時はサッカーを見るのはやめようと思ってましたが、また見る気が湧いてきました(^_^)ニコニコ

圧巻だったの前半1点目以降の展開です。パス回しが速くなり、シリアの選手は何もできない状況でした。いつもあのサッカーをしてくれればいいのにと思ってしまった。

後半もあの感じで行ってくれると思いましたが、まさかのシリアの大逆襲とは。
試合開始後にヨルダンより選手の質はシリアの方が上だと感じましたが、あそこまでできるとは(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
それをしのぎきり、なおかつ勝利を収めてくれた日本代表の成長を感じた一戦でした。

監督も今までの中では優秀な監督のようでこれからも楽しみです。

それから、ここ数年は、うまくなったがガッツのある選手が出てこないよなぁと感じていましたが、昨日の岡崎選手は往年の中山ゴン選手を見ているようで楽しかったです。スーパーサブになってくれるといいですね。

次は最初から、前半の得点をとったあとのサッカーをしてくれないかな。
そうすれば楽しく、のんびり見ることができて心臓にいいんですが。

人気ブログランキングへ

みなさんお困りのようなピックアップトラックレースですが、IAライセンスオールシルバーまたはブロンズでDODGE RAM1500をゲットしましたのでさっそく挑戦してみました。
まずは、チューンを施すことに。
お金はかけたくないのでそれほどチューンアップはしていませんが、DDは以下のチューンをしてみました。

・フルカスタマイズトランスミッション
・スポーツハードタイヤ
この2つは必須です。
・ボディー軽量化1
・スポーツコンピューター
・エンジンチューンステージ1
・レーシングエアクリーナー
・スポーツ触媒
・スポーツマフラー
以上です。

馬力は437Psとなり他車より50~60馬力上となり馬力的には問題ありません。
まずは、Aスペックで走ってみました。
ギア比を決定するため最高速度を知るためです。
ギア比の最高速度の初期設定は210キロでした。
ラグナセカ・レースウェイはストレートが短いので手始めに最高速度を200キロに設定してみました。
走ってみますとホームストレートエンドで180キロぐらいです。
レッドゾーンには入らなかったので、ちょうどいい感じでしたが、ストレートのラストに最高速度となるとエンジンパワーがもったいないのでギア比の最高速度は190キロに設定しBスペックに挑戦しました。

ドライバーのレベルは7、性格はホットです。
指示をちょくちょく出す必要がありましたが、5周目のホームストレートでトップに立ち、そのまま快走して勝利を収めました。

楽勝とまでは行きませんでしたが、以前のように苦労するということはありませんでした。

前はギア比をいじっていなかったような気がしますので、ギア比をいじったのが一番大きかったと思います。

前回挑戦した時はフォードのピックアップトラックで600Ps越えまでチューンしましたが、ギア比の調整は大事ではないと思っていてフルカスタマイズトランスミッションはつけてなかったと思います。

今回はそれよりお金と時間をかけずに勝てました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
監督としても成長したのでしょうか( ̄ー ̄)ニヤリッ

もうちょっと馬力を落とせそうですが、そこは検討していません。

以上、悩めるみなさんのためになったでしょうか?

人気ブログランキングへ

最近全く勝てず落ち込んでるddです(/TДT)/

前回の基本編に続いて発展編を記載したいと思います。
間が開いたのは何を書こうかと迷っていたんですが、あまり思い浮かばなくて(゚∇゚ ;)
ということで、まず思いついたものを書いてそのうち新たに思いついたら書きたしていきたいと思います。


・セッティング
モッドスポットや公式レースの始まる前にR1ボタンを押し、ハンドルマークを選ぶと車のセッティングを変えることができます。
コースによってセッティングを変えることにより速く走ることが可能となります。
コースのレイアウトがコーナーが多いか直線が多いかを考えてセッティングしましょう。
ただし、うまい人は、セッティングにかかわらず速く走れるようです。
ある程度なれてきたら、自分のすきなセッティングを見つけてみては?


・ウェポンの使用タイミング
自分は、Lv3になったらすぐにウェポンを使用する場合が多いです。なぜかというと、他の人に攻撃されてウェポンを失いたくないからです。
余裕がありそうなときは他の人がウェポンを使うのを待って、他のドライバーが使用してからほんの少しおいてからウェポンを使用します。
こうすることで、うまい人でも前の攻撃でシールドを使い果たし、後の攻撃があたる可能性が増加します。
他の人の攻撃に合わせるということを忘れずに。
自分が攻撃されたときは、シールドで防げないと思ったらウェポンは使用してしまいましょう。もっててもしょうがないですからね。
さらに、かわせないと思ったらシールドも使うのを控えましょう。ブーストゲージがもったいないです。

・レース戦略
1位のレーサーとそれ以外のレーサーではレース戦略がことなります。
1位のレーサーは好きに走ってください。ウェポンを後方攻撃に使うかは自分の腕次第です。
抜かれそうならとっておく必要があるかもしれません。
2位以下は、周回数に応じて戦略を変える必要があります。
1周目~2周目はトップつぶしを狙い、自分が1位になることに全力を挙げます。
3周目は1位になれそうなら今までどおりの戦略でいきます。無理そうなら一つでも順位を上げる戦略に切り替えます。

・タイムアタックのプレイ
タイムアタックをするとミスが減ります。
タイムアタックではコンマ1秒を争いますのでミスが命取りになります。それゆえミスをせずに如何に速く走るかが重要となります。
必然的に腕が上がります。
上位10%にはいると微々たるものですがポイントももらえますよ。



うまい人はとことんうまいです。自分もタイムアタックとかで上位10%にはいることがありますが、それでもトップの人とは、4~8秒離されてしまいます。
これ以上うまくなる自信はないので、後は脳みそをふりしぼって戦うのみです。
皆さんも自分なりの戦略を考えてくださいね。

人気ブログランキングへおもしろいと思ったらポチッと押してください。

このページのトップヘ