PS系情報中継局

主にプレイステーション(PS4/PS3/VITA中心)のゲーム情報・レビューを中心に扱うブログ おもしろいゲームを買うための情報を収集中




タグ:モッド

モッドネーションでは、キャラ(レーサー)、カート、コースを用意された素材を用いて自分の好きなように作成することが可能です。
レースそっちのけでクリエイトばかりしている人もいます。

そんな魅力的なクリエイトですが、みんなにDLされるようなキャラなどをクリエイトするのは大変難しいです。
DDもキャラクリとカートクリエイトは挫折しました。
うまくなりたい人は、UFGの作品を細かく分解してみるとクリエイトのコツがわかるようになると思います。

レーサー・カートをうまくつくるコツを書くことはできませんが、DL数を多くするコツはいろいろDLしてきたので何となくわかります。
まず、人気のあるレーサーはゲームや漫画アニメの登場人物が多いようです。
自動作成機能などでつくってアップロードしてもフレンド以外DLしてくれないでしょう。
DL数を増やしたいと思っている人はこれらのキャラを狙ってみるのがいいと思います。

カートも同様にドラマで出てきた車や実在の車を作るのがいいかもしれません。もっとも、色づかいを原作と同じ色合いにしその名前をつけることもありだと思います。再現度が高ければDLしてもらえます。
例えば、エヴァ零号機~2号機カラーのカートなどはDL数が伸びてました。

コースは、サムネイルの画像のできのいいサーキットのDLが多いようです。サムネイルの画像でおもしろそうだと訴える必要があります。コース作成後の写真の撮り方も重要です。
ここでも有名どころの漫画やアニメの名前を拝借してコースを造り、その原作の雰囲気がでているサムネイルを撮るのががいいと思われます。コースはとにかく原作の雰囲気を出せれば丈夫だと思います。なお、できが悪いと次からのDLはないので、そこは気合いを入れてつくりましょう。
普通のコースでDL数を伸ばすのは至難です。

コースクリエイトはよく使っているのでコースクリエイトのコツを少々。
とにかく、走って楽しいだろうなというコースを造ることです。
自分は最初は難しくすればおもしろいだろうと思っていました。そこでヘアピン連続やら波打ったコースなどを造っていました。ひと月たったぐらいの時に走ってみるとつまらないことに気づいたのです。
単に難しくすればいいというものではないようです。全般的に走りやすくし、数カ所チャレンジングなところをつくってあげればいいと思います。

コースのバランスも重要です。分岐・ジャンプ・コーナーなどバランスよく入れましょう。
分岐させた場合でタイムに差が出る時は、罠やアイテムポッド、スピードパッドなどを配置してバランスをとります。
例えば、近道の方には罠を設置し、遠回りの方にはアイテムポッドやスピードパッドを設置します。近道の方をチャレンジングにし、ハイリスク・ハイリターンな造にするとドライバーがどちらに進のが戦略的かと考えることになると思うのでおもしろくなると思います。

見た目も重要なようなので、オブジェクトをうまく設置するほかにインパクトのある見た目にすることも大事です。例えば、上空から見ると何らかの絵になっているものなどです。

コースをうまく引けないという人は絵を描くのもいいかもしれません。
そこまでするのがめんどくさいという方は、最初にロードローラーでコースを設置する前に地形変更で薄い砂など目立つ地表を使用してコースのラフを描くことをおすすめします。


∑ヾ( ̄0 ̄;ノ ブログランキング (・∀・)つ
記事を気に入ったらポチッと押してください。

人気ブログランキングへ

最近では洋ゲーでも、一部有名タイトルのGTA4やCODシリーズ、レドデッドリデンプション(RDR)などのゲームが売れるようになってきました。
しかし、その他のタイトルは2万~4万前後で売上げが止まってしまっています。
以前の洋ゲーは、難しい上にバグがひどいというものが多いと思われていましたが、最近の日本に入ってくるようなゲームでは少ないです。

キャラクターとかが受け付けないという人も多いでしょうが、それ以上のおもしろさがあるので、是非やってみてください。
自分の一押しゲームの二つは洋ゲーです。
グラフィックなどの技術力においてはすでに日本の企業と相当差がついています。
そして、他に優れているところはゲームに対する没頭感が和ゲーとは段違いというところです。
一時期没頭しすぎて、もうゲームしなくていいやと感じるほどでした。
日本に入ってくる洋ゲーはバグなどの問題がないものが多いので是非やってみてください。

以下お勧めゲーをあげます
・モッドネーション無限のカート王国


このゲームは当サイトでも取上げていますが、疾走感・爽快感がある大変おもしろいカートレースゲームです。
ロード時間の問題がよく挙げられますが、確かに、スタート画面からモッドステーションに移動する際など長いかなぁと思うこともありますが、レース前などはカーレースゲームとしては特段長いものではありません。
PSNで体験版があるので、興味がある人はやってみてください。

・アンチャーテッド1(エルドラドの秘宝)、2(黄金刀と消えた船団)


プレイする映画とのキャッチコピーで販売されたシリーズです。冒険活劇もの(例:インディージョーンズ、ハムナプトラ)の主人公を自分で操っているかのようなゲームです。大変よくまとめられたゲームです。PS3をもっていたらやらないわけにはいきません、といってもいいほどのゲーム。
ロードは最初だけなので、その没頭感はすごいです。演出なども本当の映画のようで驚嘆します。
プレイする際は、1からやってください。アンチャ1より2の方が操作性がいいからです。人間関係のつながりもありますし。

長くなったので2に続きます。

人気ブログランキングへおもしろかったらポチッと押してください。

最近全く勝てず落ち込んでるddです(/TДT)/

前回の基本編に続いて発展編を記載したいと思います。
間が開いたのは何を書こうかと迷っていたんですが、あまり思い浮かばなくて(゚∇゚ ;)
ということで、まず思いついたものを書いてそのうち新たに思いついたら書きたしていきたいと思います。


・セッティング
モッドスポットや公式レースの始まる前にR1ボタンを押し、ハンドルマークを選ぶと車のセッティングを変えることができます。
コースによってセッティングを変えることにより速く走ることが可能となります。
コースのレイアウトがコーナーが多いか直線が多いかを考えてセッティングしましょう。
ただし、うまい人は、セッティングにかかわらず速く走れるようです。
ある程度なれてきたら、自分のすきなセッティングを見つけてみては?


・ウェポンの使用タイミング
自分は、Lv3になったらすぐにウェポンを使用する場合が多いです。なぜかというと、他の人に攻撃されてウェポンを失いたくないからです。
余裕がありそうなときは他の人がウェポンを使うのを待って、他のドライバーが使用してからほんの少しおいてからウェポンを使用します。
こうすることで、うまい人でも前の攻撃でシールドを使い果たし、後の攻撃があたる可能性が増加します。
他の人の攻撃に合わせるということを忘れずに。
自分が攻撃されたときは、シールドで防げないと思ったらウェポンは使用してしまいましょう。もっててもしょうがないですからね。
さらに、かわせないと思ったらシールドも使うのを控えましょう。ブーストゲージがもったいないです。

・レース戦略
1位のレーサーとそれ以外のレーサーではレース戦略がことなります。
1位のレーサーは好きに走ってください。ウェポンを後方攻撃に使うかは自分の腕次第です。
抜かれそうならとっておく必要があるかもしれません。
2位以下は、周回数に応じて戦略を変える必要があります。
1周目~2周目はトップつぶしを狙い、自分が1位になることに全力を挙げます。
3周目は1位になれそうなら今までどおりの戦略でいきます。無理そうなら一つでも順位を上げる戦略に切り替えます。

・タイムアタックのプレイ
タイムアタックをするとミスが減ります。
タイムアタックではコンマ1秒を争いますのでミスが命取りになります。それゆえミスをせずに如何に速く走るかが重要となります。
必然的に腕が上がります。
上位10%にはいると微々たるものですがポイントももらえますよ。



うまい人はとことんうまいです。自分もタイムアタックとかで上位10%にはいることがありますが、それでもトップの人とは、4~8秒離されてしまいます。
これ以上うまくなる自信はないので、後は脳みそをふりしぼって戦うのみです。
皆さんも自分なりの戦略を考えてくださいね。

人気ブログランキングへおもしろいと思ったらポチッと押してください。

特設サイト
モッドネーションのコースクリエイト用「スタントパック」が期間限定無料配信中です通常は500円だそうです)。
コースクリエイターの私としては、なんとしてもゲットしないと!

「本パックには、2階建てバスやインタラクティブトレーラーなどの「風景オブジェクト」、怪獣や炎のドクロの輪などの「ダイナミックオブジェクト」の他、ガラス板や積み上がったタイヤなどの「トラックオブジェクト」が含まれます。11/17以降は、通常価格での販売とな」るそうです。

是非是非DLしましょう!
DLはPSNのPS3の追加アイテムのところからDLします。

人気ブログランキングへ気に入ったら押してください。

このページのトップヘ