PS系情報中継局

主にプレイステーション(PS4/PS3/VITA中心)のゲーム情報・レビューを中心に扱うブログ おもしろいゲームを買うための情報を収集中




タグ:クリエイト

  • カテゴリ:
リトルビッグプラネット2のおもしろ動画を紹介します。 【Little Big Future】の続きを読む

  • カテゴリ:
リトルビッグプラネット2でアサシンクリードブラザーフッドを作ってしまいましたという動画です。
少々プレイヤーがうまくありませんが、雰囲気はよく出ています。
【リトルビッグブラザーフッド】の続きを読む

まずは、動画を見ていただきましょう(⌒∇⌒)


オシロスコープでつくられたテニスゲームから始まり、インベーダーゲームやスーパーマリオに、ソニック、さらには格ゲーやらRTS、FPSまで。

RTS、FPSがまともに遊べるかはわかりませんが、スーパーマリオとソニックを見た時には笑ってしまいました(*゚▽゚*)

なんでもつくれそうですね。
まずは、ブロック崩しやインベーダー系でクリエイトの練習をした後にマリオ、ソニック系で横スクロールの練習といったところでしょうか。
誰かがまねしてつくっていそうですね。

前作もなんだかんだいって20万本近く売れたような記憶があります(うろ覚えですが・・・)。オンラインで過疎ることは当分ないと思いますのでオン重視の人も大丈夫だとおもいます。

当サイトに「モッドネーション クリエイト」で訪ねてきてくれる方がいらっしゃるので、クリエイトについて書きたいのですが、いかんせんレーサークリエイトは自分にとって敷居が高すぎるのです。
レーサークリエイトの手順としては、
①つくりたいレーサーを考える
②頭身を2~3等親にする
③パーツを組み合わせていく
という手順を踏むことになると思います。
DDは、①の時点で挫折です。アニメなどあまり見ないし、ドラマも興味ないしで参考にする人物等がありません。
想像してつくるほど想像力もありませんorz
仮に①をクリアーしても8頭身の人を3頭身ほどにしてかわいくもしくはかっこよくすることはできそうもありません。

最近は、ネイトさんやクレイトスさんなど有料DLコンテンツで配信されパーツが増えてきたのでがんばってみようかとは思っています。
ネタをなんとか仕入れないと。



(0;ノ ブログランキング (・)

記事を気に入ったらポチッと押してください。

人気ブログランキングへ

リトルビックプラネット2(LBP2)の新動画です。


頭のカメラみたいなものからいろいろなものを生み出せるようです。この装置を使ってどういうステージがつくられてくるのでしょうか。

ちなみに、LBP2は基本は横スクロールのアクションゲームです。スーパーマリをみたいな感じです(スーマリよりむずいですし、違うところもいっぱいありますが)。
前作は横スクロールアクションが基本だったのですが、LBP2はどうなるかはわかりません。
LBP2はクリエイト(ステージ・キャラ作成など)も重視しています。そしてあがってくる動画がもう何でもありなんです。
インベーダーゲームみたいのをつくったり、縦スクロールシューティングゲームがあったりしています。さらには音楽も自作できるようです。

何もつくれない人でも最初から入っているステージで遊べば大丈夫ですし、他の人が創作したステージなどをDLして遊ぶことも可能です。DDはこっちです。クリエイトの才能はないようですorz
良質のアクションゲームなので大人から子供まで楽しめます。
今後の情報に期待です。


∑ヾ( ̄0 ̄;ノ ブログランキング (・∀・)つ
記事を気に入ったらポチッと押してください。

人気ブログランキングへ



LBP2 (BETA) Level ~ Mega Sackbot - Flame Jungle

某アクションゲーム風ステージです。
もうなんのゲームなのかわかりませんねLBP2(^∀^)

ちなみにこのゲームは、横スクロールのアクションゲームでステージやキャラクターのクリエイトができるものです。
前作LBPは大変よくできていたので、今作も期待できそうです。


∑ヾ( ̄0 ̄;ノ ブログランキング (・∀・)つ
記事を気に入ったらポチッと押してください。

人気ブログランキングへ

モッドネーションでは、キャラ(レーサー)、カート、コースを用意された素材を用いて自分の好きなように作成することが可能です。
レースそっちのけでクリエイトばかりしている人もいます。

そんな魅力的なクリエイトですが、みんなにDLされるようなキャラなどをクリエイトするのは大変難しいです。
DDもキャラクリとカートクリエイトは挫折しました。
うまくなりたい人は、UFGの作品を細かく分解してみるとクリエイトのコツがわかるようになると思います。

レーサー・カートをうまくつくるコツを書くことはできませんが、DL数を多くするコツはいろいろDLしてきたので何となくわかります。
まず、人気のあるレーサーはゲームや漫画アニメの登場人物が多いようです。
自動作成機能などでつくってアップロードしてもフレンド以外DLしてくれないでしょう。
DL数を増やしたいと思っている人はこれらのキャラを狙ってみるのがいいと思います。

カートも同様にドラマで出てきた車や実在の車を作るのがいいかもしれません。もっとも、色づかいを原作と同じ色合いにしその名前をつけることもありだと思います。再現度が高ければDLしてもらえます。
例えば、エヴァ零号機~2号機カラーのカートなどはDL数が伸びてました。

コースは、サムネイルの画像のできのいいサーキットのDLが多いようです。サムネイルの画像でおもしろそうだと訴える必要があります。コース作成後の写真の撮り方も重要です。
ここでも有名どころの漫画やアニメの名前を拝借してコースを造り、その原作の雰囲気がでているサムネイルを撮るのががいいと思われます。コースはとにかく原作の雰囲気を出せれば丈夫だと思います。なお、できが悪いと次からのDLはないので、そこは気合いを入れてつくりましょう。
普通のコースでDL数を伸ばすのは至難です。

コースクリエイトはよく使っているのでコースクリエイトのコツを少々。
とにかく、走って楽しいだろうなというコースを造ることです。
自分は最初は難しくすればおもしろいだろうと思っていました。そこでヘアピン連続やら波打ったコースなどを造っていました。ひと月たったぐらいの時に走ってみるとつまらないことに気づいたのです。
単に難しくすればいいというものではないようです。全般的に走りやすくし、数カ所チャレンジングなところをつくってあげればいいと思います。

コースのバランスも重要です。分岐・ジャンプ・コーナーなどバランスよく入れましょう。
分岐させた場合でタイムに差が出る時は、罠やアイテムポッド、スピードパッドなどを配置してバランスをとります。
例えば、近道の方には罠を設置し、遠回りの方にはアイテムポッドやスピードパッドを設置します。近道の方をチャレンジングにし、ハイリスク・ハイリターンな造にするとドライバーがどちらに進のが戦略的かと考えることになると思うのでおもしろくなると思います。

見た目も重要なようなので、オブジェクトをうまく設置するほかにインパクトのある見た目にすることも大事です。例えば、上空から見ると何らかの絵になっているものなどです。

コースをうまく引けないという人は絵を描くのもいいかもしれません。
そこまでするのがめんどくさいという方は、最初にロードローラーでコースを設置する前に地形変更で薄い砂など目立つ地表を使用してコースのラフを描くことをおすすめします。


∑ヾ( ̄0 ̄;ノ ブログランキング (・∀・)つ
記事を気に入ったらポチッと押してください。

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ