GW中はどっぷりトロピコ5にはまってしまった。
おかげで記事の更新を全くしませんでしたな・・・。
さらに、トロピコ5でやることがなくなってしまったら、ゲームをやる気が全く起きなくなってしまった。
その間、シドニアの騎士にどっぷりはまってましたが。

さて、トロピコ5、箱庭都市育成SLGのレビューです。
評価は買うべしといいたいところですが、こういうゲームへの好き嫌いがありそうなんでおすすめにしておきましょうか。


このゲーム、とあるカリブ海の島の独裁者となって島を発展させていくゲームです。
家とか、農場、牧場などの施設を設置していき、人口を増やし、一次産品を輸出したりしてお金を稼いでクリア目的を達成するゲームですね。

市民はいろんな不満を持っているので、それを解決するように、学校やらいろんな施設を設置しつつ島を発展させていく感じにゲームは進みます。

さらに、ちょっとしたイベントもちょくちょく発生するので、飽きることなくゲームを進められます。
反体制分子の反乱みたいなものから、肉を3000ユニット輸出しろ見たいなものまで様々です。
これのおかげでついついやめど気を失ってしまう。

自分で目的を設定してプレイするもよし、ゲーム内で勝利条件を設定できるのでそれにしたがってプレイするもよし。

インターフェイスなど使いづらいと思ったことはなかったですね。

自分好みの都市を造っていくのが大変面白かったです。


気になった点は、些細なことですが、このゲーム時代ごとに人口の増加率が決まってるぽいのが残念に感じました。
現代になると先進国社会になって人口がなかなか増えない。
時代ごとに変わるのではなく、政策かなんかで人口の増加率が変われば良かったなぁと思います。
ゲームなんですが、ゲーム的すぎてちょっとがっかりしましたよ。
それも目指せ1万人!とやっていたときなのでなおさら。

他に気になったのは、キャンペーンが終わるとやることが少ないというところかな。
延々といろんな島を開発していくだけになってしまいます(一応ミッションというモードもありますが)。
オンラインプレーがあるので、そちらをすればいいのかもしれませんが、オフラインは同じことの繰り返しになってしまいがち。
いろいろ自分で目標を設定してプレイする人にはいいかもしれませんが、そういうのをあまりしない人にはある程度遊んだあとはやることがないと感じてしまうかも。


これ系のゲームが好きな人、いろいろ自分で決めて遊べえる人にはお勧めなゲームです。

トロピコ5トロピコ5
PlayStation 4

スクウェア・エニックス
売り上げランキング : 71

Amazonで詳しく見る