クロスプレー動画と言われてもいまいちわかりづらいですが。




PS4版、また被写界深度がかかっているのか。
背景を作り直すのは面倒なのでしょうけど、被写界深度でぼやっとしてると目が疲れるのでやる気がなくなるのですよ。
そこ以外気になる点はなし。

ちなみに、共闘ゲーでDD的に一番おもしろかったのは、GE2RBかな。
GE2と討鬼伝の時は討鬼伝の方に軍配が上がりましたが、GE2RBと討鬼伝極だとGE2RBの方が楽しいかな。

討鬼伝極では、鬼千切り極が追加されました。
極ゲージがたまった状態で味方が発動者のそばに集まるとその数だけ部位破壊ができる鬼千切りの上位版です。
これがマルチだと共闘感が出るのでいいのですが、適当に撃ってもある程度大丈夫になってしまいました。
これのおかげで武器ごとの鬼千切りの差などが小さくなってしまい、DD的にはちょっと残念な仕様に。

ブレイドストームでも感じましたが、コーエーは不便な点を取り除けばいいと思っているようで残念ですね。
客から面倒という声があるのでしょうけど、だからといってそれをなくせばいいとも限りません。
不便なところを四苦八苦して克服するのもおもしろいところなんですが。
ブレイドストームでは、そのうちレビューを書きますが、移動が面倒という声が多かったのでしょうが、その結果、ザッピングシステムを採用。
でどうなったかというと、移動しなくなった分、拠点をただ奪うだけの作業ゲーになってしまった感じ。
移動中に相性の悪い敵と出くわしたり、敵の強力な武将に出くわしたときにどうするか、という悩む点がなくなってしまいました。
使わなければいいのでしょうけど、初めてやる人にはおもしろさがわかりづらくなっちゃった感じですね。

鬼千切り極もどうやって鬼千切りを角に当てるかとか悩む部分が小さくなってしまったのは残念ですね。
討鬼伝では自分は太刀と槍でプレイしてました。
基本太刀で、部位破壊して素材が欲しいときには槍でプレイ、みたいな感じで使用してました。
討鬼伝2が出るなら鬼千切り極はなくして欲しいところですね。

声をかけずともみんなで集まって鬼千切り極を放つ、という点は共闘感が上がって好きなんですが、部位破壊が作業化した感じがするのです。



共闘ゲーでは今のところ2番目に楽しいゲームなんで、PS4版も期待しております。
4月23日発売ですが、トロピコ5とかぶるところが痛いですな。
PS4版と言っても別に追加ストーリーがあるわけでもないしなぁ。
かといって、大画面でやりたいし。


そういえば、ブレイドストームに無双7エンパのできが悪かったようですが、もしかしてDQHに人をさきすぎた?
ここ最近発売予定のコーテクのゲームに影響がでそうなんでちょっと心配ですね。

ちなみに、3月のフリープレイでは討鬼伝が配信されるそうです。
Vitaをお持ちのかたはプレイして見るのはいかがでしょうか。

討鬼伝 極 (初回封入特典(ミタマ「杉文」ダウンロードコード) 同梱)討鬼伝 極 (初回封入特典(ミタマ「杉文」ダウンロードコード) 同梱)
PlayStation 4

コーエーテクモゲームス 2015-04-23
売り上げランキング : 492

Amazonで詳しく見る