いや~あんな目標無理だろ、といわれておりましたが、やっぱり無理でしたね。
素人でもわかったことがプロがわからなかったのでしょうか?

DD的には任天堂が今期赤字と言うよりは、この数字の設定のされ方が気になります。
何とも日本人的な雰囲気で決めちゃったという感じでしょうか?


売上高 9200億円 → 5900億円(-35.9%)
営業利益 1000億円 → ▲350億円
経常利益 900億円 → 50億円(-94.4%)
当期純利益 550億円 → ▲250億円

3DS販売計画(ハード) 1800万台 → 1350万台 (-25.0%)
3DS販売計画(ソフト) 8000万本 → 6600万本 (-17.5%)
WiiU販売計画(ハード) 900万台 → 280万台 (-68.9%)
WiiU販売計画(ソフト) 3800万本 → 1900万本 (-50.0%)
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120140116085578.pdf 

ひどいですね。
3DS本体は25%減と言うことですが、まあ、百歩譲って予想がはずれちゃったよね、といっておきましょうが、WiiUがなんと3分の1。
まともな分析がなされたのだろうかと思ってしまいます。

どうせ1000億のコミットメントを受けてこれぐらい売れたら1000億達成するよねという結果から適当に設定した数字ではないかと邪推してしまいます。
 
去年はどれくらい売れたから今年はこれぐらい売れそう。
新規ソフトはこれとこれがあるから、さらに去年より上乗せできそうなどと考えて出てきた数字とはとても思えません。

一方修正後の数値はきわめて現実的。
去年の売り上げは約300万台でした。
今年はソフトがないので、去年より減るだろうと言うことで280万台というところに設定したのかと思われるので、合理性はあると言えばありますね。




ちなみに900万台売るという想定だと4~12月期にはすでにWiiUを700~750万台ぐらい生産してないと目標到達が不可能(1~3月期で150~200万ぐらい売れると考えるのが妥当か。その残り分はその前の期までに売れてないとダメ=生産済みなはず)なわけですが、もしかして、棚卸し資産がもりもり増えていたのはそういうわけなんでしょうかね。
今年度一年で280万程度しか売れない物を去年のうちに700万台ほど生産?
在庫400万台ほどと言うことは、1年半分ぐらいのWiiUの在庫を抱えているのでしょうか?
数字はなんの根拠もありませんが、棚卸し資産が増えまくっていることから当らずとも遠からずか?

来年以降、爆発的にハードを引っぱるタイトルはマリカぐらいでしょうか。
スマブラは3DSとのマルチなのであんまりハード牽引力はないのではと予想。
ぶつ森WiiUでも投入してくるのでしょうかね?
スマブラ、マリカ8のみなのか?
どうするのでしょうか、任天堂は。


来年度以降売るものがないのが現状。今年度以上に厳しい状況です。
今年より厳しい現状・・・。どうなるのでしょうか。


3DSではシリーズ物は出し切ってしまって残るはスマブラのみ。
すでに次世代ハードが来年発売されるのではと噂が出始めております。

3DSの裸眼立体視の特許訴訟では負けました。
2%ほど特許料を支払うことになっているので、早早と任天堂としては次のハードに移りたいのではと思われます。
そうすればまたマリオとかマリカとかどう森とか出せますし。

WiiUの方は、すでに発表済みの大作はスマブラにマリカ8。
マリカは今春、スマブラは年内と言うことですが、ゼルダ、ゼノシリーズに関しては音沙汰無し。

今年度はポケモンやモンハンどう森などがありましたが、来年度はどうするのか?
3DSWiiUのソフト発売予定数はPS3PS4Vitaに遠く及びません。
サードロイヤリティも期待薄。


今後の任天堂を立て直すには相当な指導力が必要とされるでしょうけど、イワタシャチョーにつとまるのでしょうか。
辞任は否定したみたいですが、どうなることやら。
スマホへの事業展開も考えているようですが、カービィのPVを見たところ、スマホ出だしたところでたかがしれてるな、という印象を受けました。
プレイすれば面白いのかもしれませんが、とにかく古いというイメージしかわかなかったですね。

ここで立て直したら名社長の名を欲しいままにするでしょうが、組織論など好きなDDはどう立て直されるのか興味津々です。

いままでで一番厳しい一年となるのではないのではないかと思います。
どう乗り切るのか、今年も目を離せない年になりそうですな。



「失敗の本質」はWW2の大日本帝国軍を論理的に研究し、組織的問題を指摘している本ですね。
思考過程など大学生には参考になるので、是非読んで欲しいところ。
現代日本の会社にも当てはまる問題点が提示されておりますのでためになります。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究失敗の本質―日本軍の組織論的研究
戸部 良一,寺本 義也,鎌田 伸一,杉之尾 孝生,村井 友秀,野中 郁次郎

ダイヤモンド社
売り上げランキング : 50129

Amazonで詳しく見る
失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
戸部 良一,寺本 義也,鎌田 伸一,杉之尾 孝生,村井 友秀,野中 郁次郎

中央公論社
売り上げランキング : 348

Amazonで詳しく見る