正面

動画配信をしようと思い立ちいろいろ機材を集めてきましたが、Vitaの画面にカメラなどが写り込んでいるのに気がついてしまったので、これはノングレアの保護フィルムを買わなければということで、買ってみましたよ。
ついでに貼り方についても書いておきましょうか。

 
まず購入したのが、こちら。

タッチスクリーン保護用フィルター "極上" for PlayStationVitaタッチスクリーン保護用フィルター "極上" for PlayStationVita
PlayStation Vita

ホリ
売り上げランキング : 1279

Amazonで詳しく見る
アマゾンで1500円もする一品。
ノングレアとはアマゾンの紹介ページでは書いてなかったものの、反射防止率99.7%というのに引かれて買ってしまいました。

貼り方についてはあとで書きますが、DDも忘れてて風呂場でほこりが入らないように貼ろうとしたら失敗・・・。
セロテープが必要ということを忘れてて+保護フィルムを強引にはがそうとしたら端が折れて、そこがディスプレイにくっつかず・・・。
1500円がパーになりました・・・。

一応貼れたことは貼れましたが端っこがちゃんとついていなかったので、すぐはがれてしまいそうな状態。
しょうがないので、どんな画面写りになるかを確かめてはがすことに。

反射防止率がすごそうで買いましたけど、高透過なフィルムなんで反射はありました。以前よりもちょっとましになったというぐらいのイメージでしょうかね。
値段の価値はないなと思いました。
高いのだから、もっとしっかり貼りやすいタイプにして欲しかったなぁ。
このシリーズはもう買わないかな。

続いて、すっかり忘れてて家にあったフィルムを練習がてらはってみることに。
こちらはうまくいきました。
テープで止めて場所を合わせてから貼り付けました。
ANSWER・PSVITA用 自己吸着パーフェクトセットPSVITAANSWER・PSVITA用 自己吸着パーフェクトセットPSVITA
PlayStation Vita

アンサー
売り上げランキング : 17695

Amazonで詳しく見る

サイズが合わないとか書いてありましたけど、ちょうどいいサイズなんじゃない?と思ってしまいました。
アマゾンの評価に少々疑問を感じてしまった。
裏面は貼らず。

こちらはノングレアでもなんでもないので反射しまくりです。
これは練習がてら貼ったので、その後買い物に。


買ってきたのがマット使用のピタ貼り。
ホリ製のやつです。
リンクが貼れないのですみません。

こいつはいい。すごくいい。
貼りやすいです。
ものすごく簡単です。
まず、位置を合わせて、仮止め用のテープでVitaに貼り付けます。
その後、ディスプレイ部分のスライドシートを引き抜くと、その部分がディスプレイにくっつきます。
あとは両側のボタン回りを貼り付ければ終了。
空気も入らず完璧でした。
全部この方式にしてほしいですね。

使用感ですが、マット仕様なので、やっぱり画質は悪くなりますが、反射がなくなる分見やすくはなります。
一長一短といったところでしょうか。


もう一枚買ってきたのは、rayout製の高光沢防指紋の保護フィルムです。
高光沢防指紋保護フィルム高光沢防指紋保護フィルム
PlayStation Vita

layoutgames
売り上げランキング : 10066

Amazonで詳しく見る

アマゾンでの評価は高いです。


続いて貼り方というか貼るときの注意を。

セロテープを用意しましょう。
セロテープみたいなテープでもいいですね。粘着力がそれほど強くないものがいいのではないでしょうか。
これがないと、保護フィルムについたほこりを取ることができません。
指で撮ろうとすると油脂がついてしまい、粘着力が落ちてしまいます。
テープを丸くして指にはめて取ると楽です。

フィルムをはがす際にもセロテープが必要になるので、貼り直すとき用にも必要です。

場所あわせように仮止めするのにも利用できます。
風呂場(湿気があるのでほこりが少ない)でする必要はあんまりないかな?
2枚目に貼ったときは自室でしましたけど、エアダスターでゴミを飛ばし、クロスを利用すればほこりは取れます。
エレコム ダストブロワー (3本セット) AD-ECOMTエレコム ダストブロワー (3本セット) AD-ECOMT


エレコム
売り上げランキング : 704

Amazonで詳しく見る

これでばっちり貼れるはずです。
先にほこりを取って、ディスプレイについていないかよく見てから貼った方がいいですね。
こんなもんでいいかと適当にやると失敗しやすくなるのでご注意を。