最近はクーラーのおかげで、暑くないのはいいのですが、季節感がなくなっちゃいました。
かといって、わざわざ外には出たくないしなぁ・・・。

さて、動画投稿への道も第3回となりました。
カメラも買って動画も投稿してみましたので、一応一段落といいたいところですが・・・。

 
買ったカメラはこちらです。

LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615LOGICOOL HDウェブカム フルHD動画対応 C615


ロジクール
売り上げランキング : 1990

Amazonで詳しく見る

意外とちっちゃいです。
アマゾンリンクの画像サイズを大にしてますが、これより小さいです。
3分の2ぐらいかな。
接続はUSBで簡単です。
CDが入っていなかったので、ソフトはどこ?となりますが、ロジクールの公式サイトのサポートからDL可能です。
このソフトをDLすると手動でピント合わせができるようになるようです。
このソフトでキャプチャーとYouTubeへのアップロードなどができますが、編集は無理なようですね。

ということで、早速撮ってみた動画を貼り付けてみますかな。

音声の方の問題はまだ解決していません。
C615のマイクで直撮りとなっているので音質が悪いです。
ですので、あんまり音は大きくしない方がいいかも?


動画の方はそのうち消去してしまうかも。
なんだかんだいって綺麗じゃないんですよね。
720Pでみるとそこそこですけどね。
アマゾンのサイトに1080Pで撮れる、とあったので、期待していたのですが、動画は720Pにしか対応していないのか?今のところ撮れません。

色合いをVita本来の色合いにしたいところですが、設定でいじってもこの程度にしかならない。
もっといいカメラじゃないとダメなのかなあ。

LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920LOGICOOL HDプロ ウェブカム C920


ロジクール
売り上げランキング : 423

Amazonで詳しく見る

LOGICOOL HD プロ ウェブカム  500万画素 カールツァイス社製レンズ採用 C910LOGICOOL HD プロ ウェブカム 500万画素 カールツァイス社製レンズ採用 C910


ロジクール
売り上げランキング : 9883

Amazonで詳しく見る
他のカメラの候補としてこの二つも考えたのですが、実験的に買うには二つともちょっとお高い。
特に下のC910は現在2万円ぐらいします。


動画の方はただ撮っただけなので、おもしろみもないかもしれません。
編集ソフトを探してみましたが、今のところYouTube公式の編集ソフトが一番いいようで、家のPCにデフォで入っているやつは使い勝手が悪いです。
まあ、それでもYouTubeのものもいいとは言いづらいですけどね。
やっぱり金を出していいソフトを買わなければならないのかな。
問題は、編集ソフトの善し悪しがわからないというところか・・・。
こまった。

音声の方はキャプチャーの際にマイクから音声を撮ることが可能なので、VitaとPCを直結してしまえば問題なさそうです。
そのためのケーブルが必要ですので、あとで買いにいこう。

いろいろ問題点がわかったので実験はひとまず成功ですね。
カメラの固定(先日購入したスマホスタンドを使用)はいい感じでしたが、Vitaを固定する台(3DS用のスタンド)だとダメな感じでした。
力が入ってしまうと微妙にずれてしまう。
滑り止めを追加すればよさそうな感じもしますが、イヤホンジャックの部分がVitaを置いておく出っ張り部分で隠れてしまうので、動画撮影用には向いていないようです。

純正クレードルの代わりに使用する分には3DSのスタンドは申し分ないですが、動画撮影用に使うには心許ないようです。

ニンテンドー3DS専用スタンドニンテンドー3DS専用スタンド
Nintendo 3DS

任天堂
売り上げランキング : 656

Amazonで詳しく見る
ということで、スタンドも探し直さないと。

手袋をすべきか、悩みますね。
Vitaはタッチスクリーンを使用するので、画面が汚れやすいです。
それを避けるために手袋をはめるべきか?
コンビニで売ってる運転手さん用のでも買ってこようかな。


いや~わからないことが多くて大変ですが、とにかく一番こまったのが、動画のアップロードにものすごく時間がかかるところです。
家は光回線ですが、3G弱の動画をアップするのに数時間かかってしまいましたよ。
寝る前にアップロードしておいて、起きたらできてる!と思って寝ましたが、タスク中なのに自動スリープ機能が効いている始末・・・。今後はカットしないとダメか。

動画の撮影中も動けないのできついですね。
携帯機の良さは疲れたら寝転んでできるところですが、動画撮影中はカメラを動かせないので、動けない。
15分ほど同じポーズはつらかった。

それとVitaと視点の間にカメラがあるのでVitaの画面が見えないのもつらいですね。
PCをみてプレーしましたが、そうするとVitaの綺麗な画面が見られない。
カメラの設置方法も考えた方がいいのだろうか・・・。

最後にもう一つ。
他のキャプチャーソフトで撮った動画です。
こちらの方は圧倒的に画像が汚くなるので、今後使うことはないでしょう。
解説字幕みたいなものもつけてみましたが、こちらはYouTubeの編集ソフトでつけました。
もうちょっと使い勝手がよければ、YouTubeの編集ソフトでいいんだけどなぁ。
字幕の文字のサイズとかもっと替えたい。

音声は相変わらずなので、あんまり大きくしない方がいいかも。



討鬼伝討鬼伝
PlayStation Vita

コーエーテクモゲームス
売り上げランキング : 161

Amazonで詳しく見る