討鬼伝ロゴ

ドラクラ終わったら討鬼伝復帰予定のDDです。
ドラクラプラチナトロフィー取れるかな?と思い、トロフィーをみてみたところ、まだ50%ほどでした。
無理ですね。
討鬼伝への復帰の方が早そうです。 

さて、立体機動が面白そうな討鬼伝の武器の一つ、鎖鎌。
その動作を開発者の方が解説してくれております。

 


わからん・・・。
討鬼伝をプレーしまくっていても、他の武器のボタン操作はわからん。
鎖鎌プレイヤーにはよくわかるのかな?

ま、動作自体の面白さはわかりますけどね。
いっしょにプレーしていてうまい人の鎖鎌をみると本当に面白そうです。
あ、初穂(NPC)はなんかうまい感じがしないので、もうちょっとAIを何とかして欲しいなぁ。
速鳥さんもお願いします。
もうちょっとAIを賢くして欲しいです。


ミタマの空はあんまり使っている人がいませんが、発動すると勝手に鬼祓いをしてくれるスキルや、瞬間移動のスキルなどがあって意外と使い勝手がいいです。

勝手に鬼祓いしてくれるスキルは攻撃が激しい鬼やゴウエンマ戦なんかに役にたちます。
瞬間移動のスキルは、攻撃中にもタマフリ(スキル)を発動することができるスキル、魂鎖だったかな?をつけることで、回避行動の代わりにできます。
さらに、飛翔(瞬間移動の距離が伸びる)もつけると多くの攻撃をかわせるようになりますよ。
これも使いこなしていればかっこいいかも。

迅は気力が時間ごとに消費される特殊技を持っている武器と相性がいいですね。
自分はうまくない、と思っているプレイヤーにも防とあわせてオススメです。
空蝉というスキルが敵の攻撃を1回だけ無効化してくれるので、受けるダメージ量が減りますので、死ににくくなります。
防のほうがより死に難くなりますが。

意外と使い勝手が悪いのが攻かなぁ。
太刀とあわせて使うものだと思ってましたが、吸生での回復がたいしたことがないので、うまい人じゃないと回復が尽きて死んじゃいやすいのではないかと思います(DDだけか?)。
吸生を生かすためにも連打系の攻撃を持っている武器と組み合わせるのがいいのかなと思いました。

槍だと溜め攻撃+連打で敵に何回も攻撃できます。
その1回1回でHPを吸収してくれるので、意外と役にたちます。
攻のスタイルの特殊能力の気力消費中にもRボタン長押しで気力回復、というのをいかせなくなってしまいますが・・・。

それぞれのスタイルが特徴的で、さらにいろんなスキルがつけられるので、そのスキルの組み合わせを考えるのも楽しいです。



大型鬼、特に、ミフチなどは爽快感抜群になっているので、普通の狩りゲーに飽きてしまった人にもお勧めです。
体験版があるので、そちらをプレーして見てはいかがでしょうか。

討鬼伝討鬼伝
PlayStation Vita

コーエーテクモゲームス
売り上げランキング : 85

Amazonで詳しく見る

討鬼伝討鬼伝
Sony PSP

コーエーテクモゲームス
売り上げランキング : 170

Amazonで詳しく見る

人気ブログランキングへ