2013-06-18-134053

今月購入予定ソフトの1本、討鬼伝の製品版に引き継げる体験版がいよいよ配信です。
楽しみにしていましたが、DD的にはめちゃくちゃがっかり。
ということで、ファーストインプレッションを書きますよ。

ここまで書いて寝落ち。
書いた時点でどう書こうか悩んでいましたが、起きたあとまたプレーしてやっぱり買うかどうか大いに迷いだしたので、タイトルも買えて不満を書く記事にしちゃいますか。

 
不満を書く前にこんな感じということも書いておくかな。
2013-06-18-134823

ときたまCGが挿入ですね。

イベントは基本的にフルボイスです。
2013-06-18-135458

キャラのイラスト+ボイスという感じで進みます。
ストーリー以外はボイスがないかな。
ストーリーミッションでは戦闘中にもしゃべってくれます。

戦闘自体はアクション体験版で説明したとおり。
あれよりさらに動きが軽くなったような気がします。
もうちょっと重くてもいいかなぁと思いますが。
ダッシュなどはそのままで攻撃動作の重さがあればと思ってしまいますが、もう改良する時間がないか。

2013-06-18-182446
天狐は可愛い。
素材集めをがんばってくれます。



さて、気になったところを書いてくかな。

アクション部分で気になったところは動きが軽すぎ?みたいなところです。
アプデ前のアクション体験版は重すぎでしたが、今回は軽いイメージ。
まあ、そこは好みの問題かもしれん。

ストーリーはうん???と思っちゃうこともありましたけど、まあいいかというレベル。
初心者二人が無理言って迎撃させてくれ→いいよの流れにはびっくりしましたよ。
里の命運を初心者にかけるんかい(゚∇゚ ;)エッ!?
一人お目付役がついてきましたけどね。
ま、とはいえ、今後に期待。

この二つはそんなに気にしてませんけど。


次は大いに気にしてます。

まず、素材の所有数が30枠に制限。
一素材5個までしか持てず、それ以上になると一枠取られます。
同じ素材が12個あれば、3枠埋まってしまいます。

狩りゲーってモンスターを狩って、素材を集めて、その素材を集めて強い武器を作り、またモンスターを狩って、以下はじめに戻る、のサイクルを楽しむもんだと思ってましたが、その大事な要素に重大な制限が。
素材を集めても所有できないので素材集めの意味がありません。
やっても何も報われない心境。
好きな子に貢いで貢いで貢いだけど、あっさり他の人について行ってしまいました、という感じでしょうか。

30枠でも十分ですよ、というならわかりますが、1章の途中で枠が全部埋まります。
最初、どういうこっちゃ?と思いましたよ、所有できないので売れと表示されたときには。

武器を作るために素材をため込むのは狩りゲーの基本中の基本でしょ。
なんでそこの制限を厳しくするかなぁ。
グラビティデイズで重力操作を3秒に制限するようなものです。
FPSでマシンガンの所有弾丸数を10発に制限するようなものです。
まじ無駄です。

今週は討鬼伝の体験版もあるし、ラスアスもあるし、どうしよう!と悩んでいましたが、今や悩みは払拭。
集める意味がないので、プレーする意味もなく、ラスアス一択です。

武器のランク2までしか作れない+100枠までとかの制限など、それほど苦痛に思わない程度の制限にして欲しかったです。

この素材所持数制限のおかげでモチベーション下がりまくりで、買うこと自体やめようかと思う始末。
製品版は所持数制限はもちろんこんな厳しいわけはないのですが、ここまでけちくさいとなんかやる気がなくなってしまいますわ。
作っている人は何が大事かわかってるのか疑ってしまいます。
体験版で楽しんでもらおうという思いが伝わってきませんね。
遊ばせすぎて買わなくなったらどうしようという心配ばかりが目につきます。

面白ければ買いますし、体験版で飽きるようならしょせんその程度のゲームだったということです。
作っている人は自信がないのかな。
遊ばせまくってもなおこのゲームを買いたくなる魅力を作っている人が感じられないのか?


続いて、制限その2ですが、2章の途中までしか遊べません。
それはいいのですが、ミッションの途中で終わります。

2013-06-19-035351
カゼキリ登場!と思いきや、そこで終了。
あとは製品版で楽しんでねとのことです。

なんかTV番組で続きはCMのあとで!みたいなのを見せられてる感じです。
時間の無駄だし、それほどのことでもないことを引っぱるんじゃねぇとDDはこの手法が大嫌いなのです。
テレビを見なくなった要因の一つですね。

このゲーム、カゼキリが2匹目の大型鬼の登場だったので楽しみにしていたところ、あっさり終了。
肩すかしさせられまくりですね。

このゲーム、大型鬼との対戦は大変おもしろいです。
よっしゃ2匹目キターーーー!と期待させておいて対戦させないとは。
けちくせーな~おい。
顔文字で表すとこんな感じ

キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ ! ! !

o(^O^*=*^O^)oワクワク

?q|゚Д゚|p

(゚∇゚ ;)エッ!?

コーエー(屮゚Д゚)屮 カモーン


任務を受けさせて途中までプレーさせるなら最後までプレーさせろよと。
このゲームが20日発売ならこれでもわかりますが、1週間以上待たせる気かと。

一気に上がったテンション。しかし冷水をぶっかけられて逆にマイナスイメージになってしまったというところです。



大型鬼との対戦は大変おもしろいので、もっとプレーしたいなあと思いましたが、どうしよう。
買うか悩ましいですな。
とはいえたぶん買うのでしょうが・・・。
DL版購入予定でしたが、中古に売れて特典もつくVitaカード版にしようかな。


他に気になったところは、防具の熟練度がわかりづらいというか調べるのが面倒。
鍛冶屋ではいちいち防具強化→強化したい防具の装備箇所→個々の防具に合わせて熟練度が一杯になっているか、と調べる必要がある(装備箇所が4カ所なので、計4回調べる必要)ので、武器みたいにいちいち項目を選ばなくてもいいようにして欲しいですね。
一応、メニューの能力から調べることはできるみたいですが、鍛冶屋で簡単には調べられません。

気になったところは今のところこれぐらいかな。


カゼキリの対戦はいいとしても、素材の所有数制限を何とかして欲しいですね。
DDの今の心情は、体験版やらなくていいや→なら製品版も買わなくていいんじゃね?という感じです。
まだ、大型鬼との対戦が面白いので、いやいや、やっぱり買おうかな、と悩んでいるというところです。

制限が緩和されたら必ず買っちゃうんだけどなぁ(/ω・\)チラッ




この体験版で感じたこと。
コーエーけちくさい。

討鬼伝 予約特典 ミタマ「新島八重」 ダウンロードシリアル 付討鬼伝 予約特典 ミタマ「新島八重」 ダウンロードシリアル 付
PlayStation Vita

コーエーテクモゲームス 2013-06-27
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る

討鬼伝 予約特典 ミタマ「新島八重」 ダウンロードシリアル 付討鬼伝 予約特典 ミタマ「新島八重」 ダウンロードシリアル 付
Sony PSP

コーエーテクモゲームス 2013-06-27
売り上げランキング : 39

Amazonで詳しく見る

PlayStation Vita 討鬼伝 鬼柄(おにがら) (初回特典『ミタマ「一寸法師」ダウンロードシリアル』 同梱) 初回特典『ミタマ「新島八重」ダウンロードシリアル 付PlayStation Vita 討鬼伝 鬼柄(おにがら) (初回特典『ミタマ「一寸法師」ダウンロードシリアル』 同梱) 初回特典『ミタマ「新島八重」ダウンロードシリアル 付
PlayStation Vita

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2013-06-27
売り上げランキング : 131

Amazonで詳しく見る

人気ブログランキングへ