めっきり人が減ってしまった・・・。
やっぱり昼間更新しないとつらいですなぁ(´;ω;`)
とは言っても完全に海外生活している感じになっちゃいましたし・・・。
アメリカ東部時間で生活している感じです。
何とか治したい。

さて、今週の売り上げのコーナーです。
先週発売された目玉ソフトはゼルダの伝説です。
これしかない需用でどこまで売れるのか?

MGSHDも発売された週ですがどうなったことでしょう。


ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱)
ゼルダの伝説 スカイウォードソード (期間限定生産 スペシャルCD同梱)
19万5千
Wiiにしてはよく売れたというか、今までのゼルダとあまり変わらないという感じですね。
アマゾンの評価が異様に多いので、子供に売れたというよりは今までのファン(大人)が買ったのかという感じです。
で、アマゾンの評価は相変わらずの☆5ばかり。
実際にそこまでのできなのか?
任天堂のゲームでやりたいゲームはそんなにないので、任天堂ハードはどうしても買わなくなっちゃいますが、ゼルダはプレーしてみたいですね。
しかし、ラスボス戦という動画を見てしまいましたが、☆5のできには見えなかったなぁ。

任天堂ソフトなのでじわ売れするでしょうから、いつの間にか50万本売れていたなんてこともありうるのですが、PS系の売れ方との違いはおもしろいですね。
購買層の違いから生じるものでしょうか?

セブンスドラゴン2020 (通常版)
セブンスドラゴン2020 (通常版)
12万2千
イメエポのゲームは、でき云々にかかわらずこれくらい売れますね。
ファンでもつかんでいるのでしょうか。
それとも初音ミク効果か。

ゲームの方は普通におもしろいという意見が多いようですね。
悪い点が少ないようでなかなかよくできているようです。
ボリュームも30時間程度はあるようです。
職業が5つでPTメンバーが3人ということですので、2周目以降は使っていなかった職業を使用するなどで遊べそうです。

今までのイメエポ作品よりだいぶよくなったらしいですね。
よかったよかった。

聖闘士星矢戦記 (通常版)
聖闘士星矢戦記 (通常版)
6万7千
7万弱か、こんなもんでしょうか。
確かドラゴンボールの前作もこれぐらいだったような・・・。
これぐらいで儲かるように作っているのかな?
そのあたりが心配になりますね。
PS3で作り慣れていればこのあたりでも儲かるのでしょうが・・・。

キャラゲーの限界ですが、北斗無双は何だったのだろうか。

スーパーマリオ3Dランド
スーパーマリオ3Dランド
6万2千 56万1千

メタルギア ソリッド HD エディション (通常版) (ゲームアーカイブス版「メタルギアソリッド」ダウンロードコード同梱)
メタルギア ソリッド HD エディション (通常版) (ゲームアーカイブス版「メタルギアソリッド」ダウンロードコード同梱)
6万1千
MGSシリーズは80万ぐらい売れるシリーズだったのでその10分の1以下の6万ということですね。
MHP3HDも10分の1以下ということでしたので、リマスターの数字としては普通というところでしょうか。
ICO等は人食いの大鷲トリコへの期待から売れたという感じですね。

MGSシリーズは何度もリメイクや完全版的なものが出されているので、売り上げもこの程度に落ち着いてしまうのかな?

やっぱり名作はおもしろいということで評価は高評価です。

バグがあるみたいです。
それも進行不可能になる恐れがあるようなので、プレーしている方・仕様と思っている方はご注意を。
ちょっと見た感じでは、MGS2は雷電の方を先にプレーした方がいいようですが、あくまでプレーしたユーザーの方のちょっとした検証+推測なので詳しいところはわかりません。

ダンボール戦機 ブースト
ダンボール戦機 ブースト
6万1千
完全版でこれだけ売れれば十分でしょう。
評価は悪いですね。
まんべんなく評価が散ってますが、悪い方が多くなってます。
とにかくプラスされた部分がまずいようです・・・。
完全版かと思いきや不完全版だったという皮肉。

オンライン周りもポイントが理不尽なようです。
白騎士の時も理不尽なポイントだったなぁ。
あれでやる気なくしました。

レベル5は中古対策なんか考えるよりユーザーに楽しんでもらうというのをもっと前に出して欲しいですね。
スクエニも中古対策ばかり考えているようにしか思えない時期がありました(ストーリーを2周目・3周目で微妙に変化させるとか)。
中古はしょうがないでしょう。
お金が無限にあれば別に売りに行く必要はありませんが、多くの人は有限でその中から趣味のゲームにお金を出しているわけです。
中古対策という会社の都合を優先させるよりユーザーがいかに楽しく・快適に楽しんでくれるかというところに力を入れて欲しいですね。
少しお金に余裕ができればおもしろいゲームは売らないでおこうということになりますから。

ヴァイスシュヴァルツ ポータブル ブーストヴァイス (通常版)
ヴァイスシュヴァルツ ポータブル ブーストヴァイス (通常版)
ヴァイスシュヴァルツ ポータブル ブーストシュヴァルツ (通常版)
4万8千
限定版と通常版×2で全部で4種類も発売されていました。
ファンの方が買いそうですのでここまで伸びるのはわかりますね。
エロゲーのキャラクターが入っているのをみたときにはびびりましたわ(゚∇゚ ;)エッ!?
エロはないでしょうが・・・。
なんで知っているのかって?
プレーしたから!ではありません。
他の方のブログを見たときに犯罪だろ?みたいなネタで出てきていたから知っているのです。

うたの☆プリンスさまっ♪Music (通常版)
うたの☆プリンスさまっ♪Music (通常版)
3万9千
全く知らないのでノーコメント。

太鼓の達人Wii 決定版(太鼓とバチ同梱版)
太鼓の達人Wii 決定版(太鼓とバチ同梱版)
3万2千
こういうゲームこそハード性能とか関係ないからマルチ路線で行くべき何でしょうけど、PS3じゃ売れないと考えているのかなぁ。
Wii並みには売れそうな感じはしますけどね。

売らなければユーザーもついてきませんし、開拓もできませんので冒険して欲しいですね。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (字幕版)【CEROレーティング「Z」】 (特典なし)
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (字幕版)【CEROレーティング「Z」】 (特典なし)
3万 21万
がんばりますなぁ。
海外では17日の同日発売ソフトの二の国が敗北したのに驚きが走ったようです。

なぜかCODとGTAシリーズは売れるんですよね。
CODはMW1があまりゲームがない頃に出たうえ、当時のゲームとしては圧倒的にすばらしいできでしたから売れるシリーズになったのは納得です。
それ以来はまってしまった人も多いかと思います。
GTAシリーズはなんでだろう。


さて先週DDが買ったのはバットマンだけでしたが、バットマン、20位にも入ってませんでしたね。
良ゲーという声が多いのに残念です。
DDはセインツが終わったら二の国と平行してプレーしていこうかと思ってます。

続いて、ハード売り上げです。
3DS
12万1千

PS3
3万4千

PSP
3万3千

Wii
2万

3DSはこれまたいびつな状況です。
最近出てきた話では、クレカで現金化に使われているという話もあります。
まあ、ブログソースですけどね。
あったとしてもたいした量じゃないでしょう。たぶん。

発売をひかえたゲームを待って買うという人は少ないでしょうし、今までの売れた量からすると待っていると思われるソフト以上に3DSが売れているような感じもします。
先に買う人もいるでしょうが、大量にいるとは思えませんね。

中国流出が2番目(1番目は普通に日本人が買っていく場合)に多そうですが、根拠はありません。

ただ、新ハードを買ってソフトを1本も買わない、マリカ・モンハン待ちの人という人はそれ以外のゲームが不要と考えている人たちでしょうから、各ソフト制作会社は累計販売台数にだまされないでしっかり市場動向をつかんでゲームを出して欲しいものです。
そんな人が多数派とは思えないのですけどね。

普通はハード>ソフトとなるときはハード自体もたいして売れていない状況になりますね。
3DSのように爆売れしててソフトが売れないというのはよくわからない現象です。

PS3とPSPは年末商戦モードですかね。
どちらもハード牽引ソフトはありませんでした。

Wiiはゼルダが発売されましたので久々の2万ですが年末商戦にはほど遠いですね。
まあ今買うなら3DSに使用とか一般人の人はなりそうです。


さて来週はガンダムエクストリームバーサスが発売ですね。
50万行くか?といわれています。
どこまで行くでしょうか。

続いてアサクリ・マリオカートもあります。
アサクリは売り上げ減少傾向を減らすことができるのか?(たぶん無理でしょう)。

マリカは一部海外の評価が悪いようですね。
実際動画を見た限りではモッドネーションの方が数段おもしろそうだなと思いましたよ。
マリオというキャラクターに思い入れがないならモッドネーションをおすすめします。
オンラインは猛者ばかりか、ほとんど人がいないかという状況ですが・・・。