L.A.Noireやインファマス2が配達中表示になってますね。ということで、今日はそれほど更新がないかも?

さて、レジスタンス3のパッケージにPSN PASSなる文字が見られるとのことです。
なんだこれはと海外で話題になり、SCEAに問い合わせたところがあるようですね。
ソース:http://kotaku.com/5818629/sony-confirms-psn-pass-program-required-for-resistance-3s-online-modes

このPSN PASSというのは簡単に言えば、オンライン対戦などのオンラインを利用するためには製品付属のコードを打ち込まないとオンライン対戦などができないというものです。
もちろん一回コードを使用したらそのコードは2度と使えません。

ということは、コードが使用された中古のソフトではオンラインができないということです。
おそらくPSNでオンラインコードを販売すると思われますので、中古の製品のお金+PSN PAS代を中古購入者は払う必要になると思われます。

現時点ではアメリカで導入されるようですが、日本でも白騎士で導入されていたのでおそらく導入されるでしょう。

中古の製品は中古屋さんにしかお金が入らずメーカーにはお金がわたりません。
中古屋で買ったユーザーはPSNの場合無料でオンラインゲームをプレーすることになります。
それはおかしいだろうということでこのPSN PASSが導入されたと思われます。

とくにアメリカだとおかしな返品制度があるらしく、壊れてても返品してお金が戻ってくるらしいです(記憶がうろ覚えなので不正確かもしれません)。飽きたから返品するもオッケーだそうです。
そのような状況ではサーバー代やオンライン環境を維持するための人件費を新品を買ったユーザーだけから徴収しているのでは大変なのかもしれません。
サービスを受ける以上、対価を払えということできわめて当たり前のことをPSN PASSはしようとしているのです。

とはいっても消費者からしたらただでできることにこしたことはないですので、なるべく安い値段でPSN PASSを提供してもらいたいところです。
ちなみに白騎士の時のPSN PASSは1000円でした。
このぐらいかもう少し低いぐらいが妥当な値段といったところでしょうか?

最後に、オンラインパスに関して話しをしているらしい動画をどうぞ。例の如く英語(略)。


RESISTANCE 3 (レジスタンス 3) (初回生産限定:プロダクトコード同梱)RESISTANCE 3 (レジスタンス 3) (初回生産限定:プロダクトコード同梱)
PlayStation 3

ソニー・コンピュータエンタテインメント
売り上げランキング : 41

Amazonで詳しく見る

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ PS3・PS2へ