各サイトでE3のプレスカンファレンスでどこがよかったかというアンケートがなされています。
DDもしてみようかと思いましたが、PS3ブログに他の機種の方が来るとは思えないので構成なアンケートにはならないと思ったのでやめました。

さて、一時期任天堂のプレスカンファレンスが圧倒的によかったと評価されていたサイトで、結果が発表されたようです。

ITmedia ガジェット
結果は以下の通りです
MS    6%
ソニー  75%
任天堂  17%

当初は任天堂が9割近くを占めていて任天堂ファンボーイの暗躍か?とささやかれていましたが、今度はソニー信者の工作、ずるいといわれています(゚∀゚)アヒャヒャ


E3を見るようなゲーマーでしたら上のような結果になって当然だと思うと思います。
任天堂には本当にがっかりでした。
岩田社長がWiiUの発表の仕方に問題があったということをおっしゃったようですが、DDもそう思います。

WiiUが出てきたときにこれが新型機か?と混乱してしまいました。
WiiUという名前から単にWiiの別売コントローラーかとも思ってしまったぐらいです。
結局次の日のゲーム情報サイトの情報を見て初めて新型機かということがわかったぐらいです。

さらに、技術デモもありました(鶯や鯉のやつです)が、あの程度ではPS3から買い換える必要性をまったく感じないできでしたしね。
任天堂のゲームをやりたい人はどうぞといった感じでした。



ソフト面もソニーはアンチャーテッド3などでこいつはすげえぜと感動させてもらいましたが、任天堂の発表ではWiiUのゼルダぐらいでした。
ただ、このゼルダがくせ者でリンクを操作していないのですよ。
アイコンを表示させるぐらいだったという。

さらにサード会社のPVはそこそこよかったのでWiiUの評価は来年まで持ち越しと書いたのですが、実際のところサード会社のPVの多くがPS3や他機種HD機のものだったそうです。

でてくる情報ががっかりなものばかりですのでこのような情報もこみで考えるとやはりソニーのプレスカンファレンスが一番よかったと思えます。

まだまだ発売まで日にちがあるので任天堂にはぜひがんばって欲しいですね。
来年のE3の頃にすごいぜこれはと思えれば購入するかもしれませんし。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ PS3・PS2へ