またまたきましたFF13-2のゲームプレイデモ。
早速見ていきましょうか。

いきなり失笑してしまった。
あんなでかい拳でたたきつけられて何事もないとは。
かわす演出とかなら「おお危ない(((( ;゚д゚)))」という気にはなりますが拳でたたきつけられて何事もなかったようにイベントが進んでも失笑するだけです。

なんかわくわく感がまったくありません。
FF13は楽しませていただきましたが、戦闘シーンは同じのようにしか見えません。
RPGの戦闘は何百回もプレーすることになります。
そして何十時間もプレーします。
再び同じシステムで何十時間もプレーするのかと思うともういいかという感じです。
いくら好評だったからといっても変化がないというのは問題ありです。

前作キャラも今のところ出てこないし、ストーリーもそれほど期待できない。
戦闘は面白かったけどすでに飽きた状態。
QTEが追加されているがQTE自体面白いというより単にイベントシーンの没入感・集中力を高めるものでしかない、という点からするとFF13-2に期待できないんですよね。

セラって何もできない箱入り娘かと思ってましたが成長したのでしょうか。
さらにクポ。FF13にはこのようなキャラが全くいなかったので浮きまくりです。
世界観が台無しです。
FF零式もFF13の神話を共通にもつということで同じ世界と考えていいのでしょうが、なんか納得いきませんね。
ゲームをプレイしなければ納得しないということでしょうか。

この動画だとグラはまあまあ良さそうですね。
昨日北米ストアからDLしたものはひどかったからなぁ。そのうち日本のPSストアが復旧したら配信されると思いますからそれを見てもう一度判断したいと思います。



クポがミュウとかぶる・・・。
ミュウはテイルズオブジアビスに出てくるマスコットキャラクターでミュウミュウうるさいのです。
ルークがプレイヤーの声を代弁してくれていたのと、意外とかわいそうな過去を持っているので嫌いにならずにすみましたが、クポ、てめーはだめだ。
どんなキャラかも知らないのにクポクポ鳴かれても腹が立つだけです。



オプテイマチェンジの様子がよくわかります。
変更するとモンスター自体も変わるようです。
今回の売りはモンスターを仲間にできるということです。
まあ、売りにするほどのものとも思えませんけどね。
結局FF13の時とかわりはないと。単に1人でいくつも有していたロールをモンスターごとに割りふっただけにしか見えません。
モンスターにしたから何か変わったのか?というと見た目が変わったようにしか見えない。
150種類ほど仲間にできるそうですが、コンプリートするのをたいへんにして中古に流れるのを防いでるようにしか見えませんね。
ユーザーのことを考えて追加したようには見えません。

一応マップを見る限り一本道ではなくなったようです。今のところ一本道が二本道になったという感じですが・・・。


厳しいことを書いてきました。
些細なことが多いのですが、些細なことが目についてそれがたくさん積み上がって、期待できないといった感じです。
すべてにおいて何かしら気になるところがあるという。
FF13の時はまったくそういう物はありませんでしたが、FF13-2の時は気になります。
この差はどこから生じるのでしょうかね。あの頃のDDはいなくなってしまったということでしょうか。
心底スクエニのこと嫌いになってしまったのかなぁ。

TGSの頃にはこれは面白そうだと思わせて欲しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ PS3・PS2へ