ようやくICO/ワンダと巨像の予約がきたと思ったら今度は、ACⅤの発売日決定のニュースも飛び込んできました。
突然忙しくなりました('д` ;)

まずは、限定版の内容など、ソニーのプレスリリースがあったようなのでそちらでご紹介。
以下引用です。
ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(SCEJ) (※1)は、「プレイステーション 3」(PS3)専用ソフトウェア『ICO』、『ワンダと巨像』の2作品を、2011年9月22日(木)よりそれぞれ希望小売価格3,980円(税込)で発売いたします。

また、『ICO』『ワンダと巨像』の2作品と、ここでしか手に入らない特典をセットにした数量限定スペシャルボックス『ICO/ワンダと巨像 Limited Box』を同日、希望小売価格6,980円(税込)で発売いたします。

『ICO/ワンダと巨像 Limited Box』には、ダイナミックカスタムテーマと“XMB”用アバターデータをPlayStation Store(※)からダウンロードできるプロダクトコードと、株式会社マガジンハウス BRUTUS編集部が企画・編集を手がけた豪華な特製ブックレット(約100ページ)が封入されています。
特製ブックレットは、『ICO』『ワンダと巨像』の2作品のディレクターを務め、現在は最新作『人喰いの大鷲トリコ』(PS3専用アクション・アドベンチャー)の開発を手掛けるゲームクリエイター上田文人を、BRUTUSならではの視点と切り口で徹底解剖した豪華な一冊となっております。

「プレイステーション 2」(PS2)専用ソフトウェアとして発売された『ICO』(2001年発売)は、その静寂に満ちた世界観と“手をつなぐ”いう独特のゲーム性、プレイした人の心に深く残る作品性から、世界中のプレイヤー・クリエイターに支持されました。また、同じくPS2専用ソフトウェアとして発売された『ワンダと巨像』(2005年発売)は、『ICO』を彷彿させる独特の世界観を持ちつつも、登場する巨像達の圧倒的な存在感とその巨像を倒すというダイナミックなアクション性が話題となり、世界中の主要なゲーム賞を受賞するなど高い評価を受けました。

記憶に残る作品として発売から長い年月を経た今でも支持され続ける『ICO』『ワンダと巨像』の2作品が、満を持してPS3に登場します。オリジナル作品の雰囲気や風合いを残しつつも、グラフィックのフルHD(1080p)化、7.1chサラウンドや3D立体視へ対応するなど、PS3ならではの高精細かつ迫力ある作品世界に没入いただけるようになりました。

さらに、フレームレートの安定やトロフィー機能への対応により、オリジナル作品とは一味違ったゲームプレイをお楽しみいただけるようになりました。 本ソフトウェア(『ICO』『ワンダと巨像』)ならびに数量限定ボックスを発売することにより、色褪せることのない作品世界と、PS3だからこそ実現したハイクオリティなゲームの喜びを多くのお客様に体感いただけることと期待しております。

限定版
PlayStation 3専用ソフトウェア『ICO』
PlayStation 3専用ソフトウェア『ワンダと巨像』
BRUTUS特別編集ブックレット(約100ページ)
『ICO』『ワンダと巨像』ダイナミックカスタムテーマ(プロダクトコード)
『ICO』『ワンダと巨像』“XMB”用アバターデータ(プロダクトコード)

予約も始まったことですし、後は到着を待つばかりです(o^∇^o)ノ
ICO/ワンダと巨像 Limited BoxICO/ワンダと巨像 Limited Box
PlayStation 3

ソニー・コンピュータエンタテインメント

Amazonで詳しく見る
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ PS3・PS2へ