ファミ通.comでロックスターゲームズに対しロングインタビューを実施したようです。

DDも購入予定のゲームですが少々心配していたローカラーズ(日本語化)。
しかし、それも杞憂のようでした。

関連記事
『L.A.ノワール』スペシャルインタビュー ロックスター・ゲームスのローカライズ哲学
まずは、一安心したという理由をお伝えしましょう。
このゲームでは捜査をしていく過程で手帳などを見たりするわけです。
フォントがどうなるのかとか英語のままなのかとか心配がありましたが、どうやら開発段階から開発会社とやりとりをして日本語を入れるように努力していてくださったようです。

手帳を開くときも英語版より少し大きめに手帳の文字が見られるようです。
漢字がつぶれないようにとの配慮だそうです。
細かいところまで行き届いて素晴らしいです。

このゲームの肝である尋問についても表情が見られるように訳文がなるべく短くなるように配慮したとのことです。

さらに心配だったのが、向こうのスラングやニュアンスが伝わるのか?というところでしたが、これもちゃんと考えてローカライズをしているとのことです。
世界観も大切にしていると言うことで現代の言葉なども使わないようにしていると言うことですね。

あとからローカラーズ会社が翻訳したものとは違い開発者の意向が含まれたローカライズとなっているようなので、これは期待ですね。

なお、全裸死体などではタオルが掛けてあったりするそうです。日本での規制事項はやっぱり規制されているようです。

L.A.ノワール (初回生産特典:「The Naked City」ダウンロードコード同梱)【CEROレーティング「Z」】 特典 Amazon.co.jpオリジナル特典「"The Broderick" Detective Suit」ダウンロードコード付きL.A.ノワール (初回生産特典:「The Naked City」ダウンロードコード同梱)【CEROレーティング「Z」】 特典 Amazon.co.jpオリジナル特典「"The Broderick" Detective Suit」ダウンロードコード付き
PlayStation 3

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン 2011-07-07
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ PS3・PS2へ