今日はネタがありませんね。

インファマスはやっぱり面白いですね。
ネット上ではサブミッションが面白くないといわれています。
DDは楽しかったのですが、つまらないという声が多かったのでそれに合せて記事を書いていましたが、やっぱり面白いものは面白い。
ただ、種類が少なくて、何回もやることになるのはもったいなかったですね。
しかし、インファマス2からはそのようなこともなくなるようです。
さらに、ゲームクリア後でも無限にミッションが配信されるので遊んでいたいだけ遊ぶことが可能となっています。
inFAMOUS 2 (初回生産分限定特典:プロダクトコード同梱)inFAMOUS 2 (初回生産分限定特典:プロダクトコード同梱)
PlayStation 3

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2011-07-07
売り上げランキング : 42

Amazonで詳しく見る

そうそう、英雄伝説碧の軌跡の完全予約限定版の予約は本日までですのでご注意ください。

さて、本日の小ネタです。
白騎士物語~光と闇の覚醒~が6月2日にアップデートされるようです。
http://www.jp.playstation.com/scej/title/shirokishi/info2nd/update/11-05-31-100.html

未だに進化し続けるとは白騎士もがんばりますな。
そういえば海外版もそろそろ発売ということですので、海外版のPVでもご覧ください。

なんかかっこよく見えますな(´∀`)

本格的にネタ不足です。今日はあきらめるべきか?
さて、こんな記事が出てました。
萌えキャラが応援、地下鉄の階段でダイエット - 京都市営地下鉄の増客作戦

萌えキャラって集客力あるのでしょうか。まあ、リンク先の絵はどう見ても萌キャラには見えないので何とも言い難いのですが・・・。
好きな人は少数派。何とも思っていない、いいイメージを持っていないというのが多数派のような気がするんですけどねぇ。
ネットやテレビ上でさも人気がありそうな風に扱われていますが、ネットで書き込んでいる人やテレビ番組をつくっている人の勘違いとしか思えません。
AKB48や韓流についても昔見たアンケートで7割近くがどうでもいいようなことを回答していたような記憶があります。
狙い撃ちのCMやオタク向けコンテンツの方が見通しが立てやすいかもしれませんが、市場が狭すぎて儲からないような気がするのですよね。
早く普通の人をどう取り込むかということが大事という時代に戻って欲しい物です。

2011年5月26日に、昨年放映されたNHKスペシャルなどをまとめた1冊、世界ゲーム革命が発売されたそうです。

関連記事
テレビ番組が書籍化「NHKスペシャル 世界ゲーム革命」(ゲームビジネス)
NHKスペシャル「世界ゲーム革命」から考えさせられること(上)

内容は読んでいないのでわからないので関連記事を読んでもらうとして、なかなかおもしろそうですね。
世界のゲームがどんな方向へ向かっているのか、最先端技術の導入でゲームがどうなるかなどのことが書かれているようです。
NHKスペシャル 世界ゲーム革命NHKスペシャル 世界ゲーム革命
NHK取材班

NHK出版 2011-05-26
売り上げランキング : 445

Amazonで詳しく見る
(追記)
FF零式の公式ブログがオープンしたようです。
5時過ぎに見に行ったときにはなかったのに。
公式ブログ

北瀬さんが書いているようです。FF本編に匹敵するクオリティ、スピリッツで望んでいるということです。
ならばHD機で出して欲しかったところですが、どうせならFF零式の系統は携帯機のシリーズ、本編は据え置き機のシリーズとか言ってくれた方がわかりやすくていいんですけどね。
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログへ