SCEの新作TPSスターホークの開発者インタビュー動画が公開されました。
なぜか大興奮の開発者の方Σ('◇'*)エェッ!?
しかしそれ以上に驚きなのが、ゲームプレイシーンです。

この動画を見たDDの感想は、こいつはすげーぞノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!です。

グラフィックが格段に綺麗になったとともにゲームシステムにも変更が加えられたようです。
ロボットが爆発するシーンのエフェクトなどはすさまじいですね。ここまで綺麗になるとは。

ゲームプレイシーンでは所々上空から建物が落ちてきますが、そこはRTS要素の部分です。
RTS(リアルタイムシミュレーション)では施設などをつくってユニットを生産したり、敵の部隊を自動で攻撃してくれる建物を造ったりしますが、空から建造物が落ちてくるのはその施設をつくっているところです。

一番驚いたのが、マクロスばりの変形ロボットの登場ですw(゚o゚)w オオー!
変形もスムーズですし、空戦もミサイルをかっこよく発射しなかなか面白そうです。
ミサイルの軌跡などもマクロスを彷彿とさせるものでかっこいいですね~(*゚▽゚*)

スターホークの前作のWarhawkでは、あるプレーヤーが空中で戦闘機同士が戦っている最中に他のプレーヤーが地上戦をしているという展開もありましたが、今回もそのような展開は健在のようです。
前作以上に戦闘機などが重宝されそうです。
空中の敵を一掃して暇になったらロボットに変形して地上の敵を撃つ。
一般兵の敵プレーヤーは恐怖のどん底にたたき落とされるでしょう?(((( ;゚д゚)))

しかし、ここまで進化しているとは予想外でした。前作よりグラがよくなる程度だろと思っていたDDですが、ここまでのものに仕上げてくるとは。
E3で発売時期などが明らかにされると思います(DDの予想は来年2月頃)がこいつは期待ですな。


なお、Warhawk(ストーリー的なつながりはないと思われます)はオンライン専用ゲームでしたがスターホークには5~8時間ほどのシングルプレイモードがあるそうです。
1人で延々と遊べるモードもついていたら購入確定です。

この動画を見て思ったことはロボットものまで海外の方が強くなってしまうのか?ということです。
日本の会社にはもっとがんばって欲しいところです。
話題は全然変わりますが、日本のゲーム業界が世界一という考えはすでに過去のものですという本が出ていますので、興味のある方はご覧ください。
本の内容に関しては詳しくはファミ通.comで。
NHKスペシャル 世界ゲーム革命NHKスペシャル 世界ゲーム革命
NHK取材班

NHK出版 2011-05-26
売り上げランキング : 445

Amazonで詳しく見る
人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゲームブログ PS3・PS2へ