まだまだ更新いきますよ~といいたいところですが、さすがに眠くなってきました(T_T)
しかし、ルーチンワークすら終わっていませんorz
風呂に入って元気があったらもう何本かがんばってみようかと思います。

本当に、本当になんでみんなで一斉に情報をだすのか理解できません。情報戦のプロはいないのですか。
それとも他社の情報を埋没させるために一気に情報を流出させているのでしょうか?
それだと自分のところの情報も埋没してしまうような気がするのです。
ま、結局のところあまり考えずに情報を発信しているんだろうなぁというのがDDの結論です。

さて、スクエニ制作の新RPGダンジョンシージー3の公式サイトが公開され、日本での発売が2011年7月28日とアナウンスされました。
公式サイト

スクエニ制作の新ARPGということで期待した方もいるかもしれませんが、洋ゲーです。
記憶が正しければスクエニの海外子会社が制作したはずです。うろ覚えで申し訳ありません。

そのゲームの公式サイトが公開されたわけですが、情報は、ストーリーの冒頭部分、人物紹介などでゲームシステムについてはまだ説明はされていません。
人物は典型的な洋ゲーの人物ですね。最初に紹介されている男性が主人公でしょうか?
せっかくのゲームなんだからかっこいいもしくはかわいいキャラクターを操作したいです。たまにネタキャラを操作するのもいいですが、主人公がかっこわるいというのは残念で仕方がありません。
現実世界でかっこわるいのにゲームの中までかっこわるいとは(p_q*)シクシク

続いて動画をどうぞ。


7月の洋ゲー率はすごそうです。
インファマス2、L.A.Noire、Earth Defense Force、さらには後ほど記事を書く予定のナイツコントラクト(バンナムの日本製ですが明らかに海外向けのゲーム)、OFP:RR、フィットインシックス、WWEオールスターズ、スナイパーゴーストウォーリアーズと今回紹介したダンジョンシージー3です。
なんなんだこれは(; ̄Д ̄)
なにげに最初の「7月の洋ゲー率はすごそうです。」と書いてみたのですが、改めて調べてみたところ、今のところ発売予定のソフト11本のうち9本が洋ゲーです。
ただでさえそれほど売れないのにみんなで潰しあってどうするのでしょうか。


人気ブログランキングへ