SOCOM4パケ絵オンライン以外一通りプレーしたのでレビューを書きますね。

ファーストインプレッションは、面白いけど人に勧められるほどではないかな?と思いました。
ブログにもちょこっと書きましたが、ノーマルモードをクリアしたときの感想です。
ハードモードをクリアしたときにはだめだなこいつはという印象でした。
だめといっても新しい体験というより昔ながらのゲームをプレイしたという感覚で新しさを感じなかったというところです。
それゆえ人には勧められないという感想を抱いたわけですね。

しかし!カスタムミッションをプレーしてから印象ががらりと変わりましたΣ(`□´/)/ 
こいつは面白いぜヾ(=^▽^=)ノ

まずはストーリーから。
ストーリーはだめですね。
とにかくリアリティ0です。
内戦というかクーデターが主人公を含め5人の活躍でつぶされてしまうなんて(; ̄Д ̄)
なんてずさんな計画なのだヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!
よくこんな計画でクーデターを起こそうと思ったものです。どこかの情報機関にばれちゃうのでは?と思っちゃうほどぐだぐだです。
黒幕を追い詰めたと思ったら実は真の黒幕が!みたいな展開なんですが、前振りなどもないので???な展開です。
ストーリーには期待してはいけません。
シングルキャンペーンモードは武器の収集と純粋にステージのシチュエーションを楽しむというふうに特化した方がいいでしょう。
このゲームはミッションクリア時に所有している武器があんロックされるという仕組みになっていますので、ロック解除のためにキャンペーンを楽しみましょう。
キャンペーンモードは短いというのも残念でしたね。
ステルスミッションもその後の戦闘と同じマップが使われるので使い回しと非難されても仕方がないでしょう。
今の倍のゲームプレイ時間が欲しいです。さらに、1MAPの広さはもっと大きくして欲しいですね。


グラフィックは、最初はたいしたことがないかな?と思っていました。最近はキルゾーン3をやっていたのでそれで目が肥えてしまっていました。
しかしよく見ると、マップ内のオブジェクトは相当作り込んであります。さらに土煙やRPGが爆発したあとの爆煙など目を見張るものがあります。
ただ作り込んだためかMAPが狭く感じてしまいます。1ステージ15分~40分ぐらいかかりますが横の広がりがないため狭く感じてしまいます。
このゲームのいいところである分隊ごとへの命令ができるのですが、横幅が狭いので大きく展開するということはできません。
MAP自体の構成はDDは面白いかなと思っています。スラムあり、田舎道のようなところあり、ドックありとシチュエーションはなかなかです。

音関連もなかなかです。銃にサイレンサーをつけてると特殊部隊になった気分です(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


ゲームシステム的に面白いと感じたのはブルーチームとゴールドチーム(各二人)に別々に命令を出して行動をとらせることが可能なところです。
例えばブルーチームには①A地点に進む②そこで合図をしたら敵を攻撃という命令を出します。
ゴールドチームには①B地点に進む②そこで攻撃③さらにC地点に進ませるというふうに命令をいっぺんに出せます。
①②は同じタイミングで行動してくれるのでこの入力順をよく考えて攻撃命令を出し、敵をうまく一網打尽にすると面白いです( ̄ー ̄)ニヤリッ 
ブルーチームに先に攻撃をさせ、そちらに敵が引き寄せられている間に側面からゴールドチームで攻撃させるなどできます。
全員がまとまって攻撃するより圧倒的に戦闘が楽に進むのでプレーしていて戦術の妙を体感できて面白いです。
これを味わえるのがカスタムミッションというわけです。
キャンペーンモードでもできますが、カスタムミッションだと敵の量とかも多めに選んだりできますので、やりごたえがあります。
分隊に命令を出す以外は通常のTPSなのでこの系統が好きな人には十分にお勧めできます。 
  
キャンペーンモードではステルスミッションもありますが、もうちょっとがんばってくれといったところです。
目的地点までマーカが順次出てくるのでそこを進んでいけばいいということになってしまいます。
それに逆らってプレーしてもいいのですがDDはうまくできませんでした。
ステルスプレーといいつつ実はいかに隠密に敵を倒すかというふうに遊んだ方が面白かったのは残念です。
制作会社の意図したとおりに遊ぶとそれほど面白くないのですが、自分でいろいろ考えながら遊ぶとなかなかおもしろいです。
例えば、薬莢を投げて音を発生させると敵をおびき寄せることができますので、それを利用して敵を隠密裡に全滅させるなどの遊びも可能です。


さて総評です。
最初に書きましたが、プレー当初はあまり人には勧められないかなと思いました。
ハードモードのシングルキャンペーンモードでは一部理不尽な攻撃を受けるので面白いと思うよりストレスを感じました。
また、すべてにおいてもう一歩かなという印象を受けました。
グラフィックや音ならキルゾーン3の方が上だし、プレーする楽しさはデモンズやアンチャなどの方が上です。また、分隊への命令システムならUBIのFPSレインボーシックスの方が一日の長があるように思いました。
SOCOM4をやってプレーしたときの感想は昔ながらのゲームだなという感想です。キルゾーン3やアンチャーテッドはゲームの新しい姿を見せていただきましたが、残念ながらSOCOM4には当初はそのようには感じませんでした。
しかし、当初はこのように思っていたDDですが、このゲームはやり込めばやり込むほどそのおもしろさが出てきます。
とくに分隊に命令を出して戦闘を有利に勧めるのは面白くて仕方がありません。
またカスタムミッションでは理不尽な攻撃を受けることがないのでストレスもありません。
ハードモードでやると難しくてクリアが困難ですが、死亡したときの原因が明らかに自分のミスだとわかるのでストレスを感じることもありません。
それどころかなにくそ!もう一度チャレンジじゃ(屮゚Д゚)屮 カモーンという気にさせてくれます。 
ロードが短いのもいいですし、武器を使いこなすとサイレンサーの機能が上がったりするのでやりこみがいもあります。

海外でのレビューの平均点は低かったですが、DDはカスタムミッションと分隊命令システムがたいへん面白かったのでSABCDEの基準でいくとAですかね。AといってもAプラスではありません。Aマイナスか、Aのどちらをつけようか悩むぐらいの点数。
マイナス要因は上にも書いたとおりシングルキャンペーンモードが短いのとストーリーがぐだぐだな点です。
プラス要因はカスタムミッション、分隊命令システム、武器の性能のアンロック要素、ロードが箱庭系にしてはたいへん短いといったところです。

書き忘れていましたが、AIが最初はおばかさんかと思いましたが、ある程度なれるとおばかさかげんを発揮しないように命令ができるようになります。
DDも当初はなんだこいつらと思っていましたが使い慣れてくるとそのような感情を抱くことはほぼなくなりました。


話がまとまりませんが、説明書に書いてなかったような気がするので、1つ書いておきますと味方がやられたときに味方の極そばで□ボタン長押しで回復することが可能です。
これを書いていて思い出しましたが、プレイヤーキャラが死亡するとすぐゲーム終了なのでできれば回復されなかったら死亡にして欲しかったですね。

戦争映画とかが好きな人なら十分楽しめます。海外レビューがなんで悪いのか不思議なぐらいです。


最後に、このゲームエンジンで特殊部隊のゲームがやりたくなりましたので作ってくれませんかSCEさん。おねがいします。

おまけで、こないだ公開された動画をつけておきます。
ゲームプレイもはいっているのでどんな感じのゲームかわかりやすいです。


SOCOM 4: U.S. Navy SEALsSOCOM 4: U.S. Navy SEALs
PlayStation 3

ソニー・コンピュータエンタテインメント
売り上げランキング : 74

Amazonで詳しく見る

人気ブログランキングへ